みなさんこんにちは(^^)今年は長雨の9月ですね。

さて、24日(土)は「まちの200円食堂」でした。毎回管理栄養士の高瀬さんにご協力頂き、メニューを考案しています。

今回は災害時等に役立つ、コンロ、お鍋、ポリ袋と水だけで作れるパッククッキングです。

パッククッキングとは、ポリ袋に食材を入れて、湯せんで火を通す、真空調理法です。

ご家庭で作る場合などは、ポットに入れて、お湯を沸かしたり、炊飯器でご飯を炊く時、一緒に作る事ができます。

dsc02477

メニューは、パッククッキングでカレー、肉じゃが、ゆで卵を。ポリ袋の中で混ぜるだけ!手間いらずの切干し大根サラダ、デザートは、牛乳パックで作る「抹茶ういろう」でした。

湯せんするので、カレールーも刻んであります。お肉も玉ねぎも一度に入れて。
dsc02478

ゆで卵は、底のところをコツンと軽くヒビを入れておくと、破裂しないんですね。

dsc02486dsc02483

土鍋で水から火にかけ、沸いてから3,40分ほどグツグツすると・・・

dsc02497 dsc02498 dsc02491

あら不思議!一度にたくさん美味しく出来上がりました!

カレーはわずかな水だけを使います。

真空ならではの野菜から出る水分を活かした、甘くて辛くて、おかわり必至❤

肉じゃがは、あったか~いホッとする優しい味わい❤

切干し大根サラダは、ツナにひじきに、大豆も入って、とってもヘルシー❤
みんなで美味しく頂きました。

次回、食堂は11月です。お楽しみに・・・