こんにちは♪ 蒸し暑~い毎日です。みなさん、いかがお過ごしですか?

 

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 

6月の楽庵は「ヘタでいい ヘタがいい 絵手紙講座~暑中見舞い~」でした☆

ラポール等でも教えていらっしゃる、浅野房義先生にお越しいただきました。

 

絵手紙は、専用の「顔彩」という絵の具を使って描きます。

今回は暑中見舞いということで、夏野菜をテーマに描きました。ししとう、トマト、きゅうり、なすび・・おいしいですね!

うすめた墨汁(絵手紙専用)で、絵の輪郭を描いて、そのあと色を付け、言葉を書く、という流れです。

練習用に2枚かいて、それから本番。画仙紙という専用葉書です。

 

絵の配置や、言葉をなんと書こうか・・う~ん難しい!

それでもみなさん、見本を見たり、先生に教えてもらいながら、一生懸命取り組んでおられます。

 

みなさんとってもお上手でした(^^) 味のある作品がたくさん仕上がって、大盛況☆

元々水墨画をされていた方や、絵画で受賞経歴をお持ちの方もおられて、本当に素晴らしかったです。

あいにくの雨でしたが、楽しい楽庵となりました。

 

 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 

最後にこちら、城北包括のK画伯の絵手紙をどうぞ!