年2回を計画している火災を想定した

避難訓練を実施しました

当日、舞鶴西消防署の職員立会いのもと

初期消火、通報、避難誘導、消火器の操作について

実際に訓練を行いました

いざという時に、冷静な行動を取ることが

人命を守る事につながるので

日々の注意と並行して

迅速に避難していただけるよう

各班編成を組み、訓練を行いました

タオルで口をふさいで煙の対策もします

まずは、外に迅速に安全に避難します

当日、体調不良の方を除き

皆さん避難する事ができました

避難訓練のあとは消火器を使用し消火訓練です

水の入った消火器を使用し

消火器での消火訓練です

経験者も未経験者も訓練を重ねることが大切です

これから、空気が乾燥し火災のニュースを見る機会が多くなります

備えあれば憂いなしです

最後は自動火災通報装置の通報方法を消防署員の指導で

行いました

当日、出勤した職員が実際に通報の手順と

実際の通報を行いました

的確な答えが慌てることなく

出来なければなりません

今回は昼間の想定でしたが

今後は夜間も想定した訓練も行う予定です

通報方法や避難手順もその状況に応じた

対応が必要です

今回の訓練に関しては

舞鶴西消防署員の方には概ね良好と総評を

いただきました

今後の課題として、地域の住宅街にある施設として

地域の皆様との協力体制を強化していくことも

大切とのご意見をいただきました

この課題も含め、安全に生活ができるよう

今後も人命の大切さを意識して

サービスが提供できるようにしたいものです