ふれあいホームの玄関横に蹲(つくばい)があり、2年前よりボウフラ対策の為メダカを飼っている職員から譲り受け、飼い始めました。

最初は7匹居たのですが、冬を越せなかったりして徐々に数が減り、今年の1月には3匹に、7月の大雨特別警報の後には白色のメダカが2匹だけになってしまいました。

今年の夏は猛暑日が続いたので、すだれで日陰を作ってあげた所、元気に泳いでくれています。

お盆を過ぎには4~5匹仲間を増やし、賑やかになりました。