まだまだ世間はコロナウイルス一色ですが、緊急事態宣言も一応解除となり、もうしばらくしたら

ほっと一息付けそうな感じとなりましたね。

マスクもお高くはありますが、店頭に並ぶようになってきました。

 

5月はドライブ日和が多かったのですが、車内と言う密閉空間で不要不急の外出はNG、との判断から、ふれあいホームでもドライブは自粛してまいりました。

代わりと言っては何ですが、お庭に綺麗な花を咲かせてもらい、天気の良い日は庭に出たりして、皆で鑑賞して楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自宅から白いツツジを持って来て下さり、飾って下さる利用者様もいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなある日、空を見上げると太陽に輪が掛かった様な光景が。

これは暈(かさ)と言う現象で、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象だそうです。

利用者様も職員も、この珍しい光景を「へぇ~」と感心しながら見上げていました。

 

 

 

また、室内遊びでは懐かしいあやとりなども。昔取った杵柄で、結構すいすいと

糸を取る方もいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こどもの日には、職員がこいのぼりの箸入れを作って食事時に出してくれました。ひと手間かけて、季節感を演出してくれています。

 

 

 

 

 

 

これから梅雨に向け、急に熱くなったり冷えたりの繰り返しとなります。食べ物も傷みやすい時期となりますので、引き続きのコロナ対策とともに、体調の管理にご注意ください。