某日のお話し・・・

職員の〇山くんのお母様が持っておられた記念誌

それは、〇〇小学校の卒業写真が

大正の終わり頃から平成の初めの頃までが一冊に

編集してある貴重な記念誌でした

その〇〇小学校を卒業された2名の方が

ふれあいホームにご利用されていて

さっそく、〇山職員は、見ていただこうと

ふれあいホームに持って来てくれました

さて、ご覧になっている様子はと言いますと・・・

「ムムッ・・・」

「これは、〇〇くんや・・・」

「担任の〇〇先生かぁ~」

「弟がこの年の卒業のはず・・・」

静かに、ご自身の少年時代の姿を見ながら

長い時間をかけて眺めておられました

さらに、お一方はと言いますと・・・

一目で

「これ、わたし・・・」

「隣が〇〇ちゃん、その隣が〇〇ちゃん・・・」

延々と、同期生のお名前が出てきます

もちろん担任の先生のお名前も・・・

この方も、長い時間を掛けてご覧になっていました

それぞれ70年くらい前の記憶が鮮明に

浮かんで本を見入っておられました

担任の先生の名前を即答されることで

学校の先生は、何十年を経ても記憶に

残るものなのかなと、その偉大さを少し感じ取る事が出来ました

そして、十代の若き自分の姿は

どのように映ったのでしょう・・・

それぞれの個々の懐かしい写真もですが

数十年分の写真が一冊の記念誌という形になり

ふれあいホームをご利用の方の目に留まることができ

本当に良かったと思っています

この機会を作ってくれた職員の〇山くん、そしてお母様

ありがとうございましたm(__)m