朝夕はだいぶ涼しくなり、風の中に秋を少しずつ感じるようになりました。

皆さま、お元気でおすごしでしょうか?

さて、毎月恒例の楽庵を開催しました。

今月のテーマは「老い支度を学び実践してみよう!!」です。

昨年、老い支度マスター養成講座を修了された方々にもお越しいただきました。

まず始めに、老い支度マスターである松田センター長から

家族や周りに自分の意志や自分自身を知ってもらうことの大切さを伝えてもらいました。

懐かしい家電製品やランドセル等の写真を見て、脳を昭和へ戻していただいてから、

みんなで、自身の「小学生のころ」と「30~40代のころ」書き出しました。

戦争を経験された方もおられ、楽しい思い出ばかりではないようでしたが、

好きだった遊びや、使っていた家電製品、円卓で家族そろって食事をした事などの

思い出にふけっておられました。

 

興味のある方は、10月6日にも

舞鶴市中総合会館にて講演会がございますので、ぜひご参加ください。